まあ、適当にいきましょ・・・


by anchangboowy822

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

色々情報

名前
あんでぃー

★説明
 ギタリストやら、
 図面描きやら、
 ネットラジオ編集・製作やら
 やっております。

★リンク
 ★音楽
  ◎ナベッチブログ
  ◎ムーランHP
  ◎アカラHP
 ★その他
  ◎酒井慶二郎OFFICIAL BLOG
  ◎PICO TUOR

以前の記事

2015年 01月
2013年 12月
2013年 05月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 08月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

その他のジャンル

カテゴリ

ブログ
書籍
アイティー

リライフ
音楽
日記
食事

アクセス解析

FXの定義

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:書籍( 65 )

【書籍】自助論

はい、どーも!!

今日も元気に過ごせた
気がしないでもないし、

そうでもないこともない
気がしないでもないし、

そうでもないこともない…
っこともない気がしないでもないし、

そうでもないこともない…
っこともないこともない気がし…………

っこともで、
アンディーっこともある!!


はい、
『自助論』
サミュエル スマイルズ
三笠書房
発売日:2003-02




ずっと、気になっていたんで
読んでみましたわ。

何て言うか

ハッキリしてくれ!!

って感じでした。
日本語訳が良くないのかもしれませんが

言っていることの
後戻りが多くて、、、

、、、

結局、そこかい!!

って感じです。(笑)


内容は
論語と算盤

とか

道は開ける

とかに似ているんじゃないですかね。
かきっぷりは

道は開ける

の方が似ていますかな。

とにかく、
諦めずに
一心不乱に
努力しろ

と。


そんな厳しいこというなよ。
って処ですわ。

まあ、無理せずに、、、
[PR]
by anchangboowy822 | 2011-09-13 00:03 | 書籍

【書籍】ブクログ!!

はい!どーーーも!!

ちょっぴりばて気味だったみたいな
アンディーです。

まあまあ、
明日は後輩の結婚式二次会に参加ですから

ここらへんで勘弁してやりますよ(笑)


てなわけで、
ブクログ

ちなみに
イケブクロ

ではありません。

ブクログ

最近、何を紹介して
何を紹介してないか
忘れてしまったので

ブクログ始めました
http://booklog.jp/users/anchangboowy


見栄えがきれいなので
少し気に入っているところがあるのが
否めません。

今年、読んだ本を全部登録すると
3ページ強になりそうなので
少し挫折しそうです。。。。。


まあ、そこらへんは適当に・・・・



おっと、
忘れていたことが?!


9月11日(日)
音楽堂anoanoさんで

いつもアカラでお世話になっております
中川えりかさん
と一緒にギターで出演してきます。

出番は16時半過ぎみたいです。

二胡と歌とギターの共演です。

楽しみです!!

では、また明日!!
[PR]
by anchangboowy822 | 2011-09-10 01:18 | 書籍

【書籍】水滸伝

はい、どーーも!!

はい、どーーも!!


どーーも、首相は財務相の野田議員だそうですわな。
さすがに
『政治主導』

『脱・官僚』
ってのは
同意義ではないことは
分かってますから
上手くチームとしての日本に期待しますが
期待はするほどのものを
持っているとは
思えないので
まずは静観ですね。


てですね。
政治の話と
この水滸伝の話を一緒にすると
まるで
革命を起こすつもり?

なんて疑われちゃうんじゃないかと
不安になりますが
まあ、そこらへんは愛嬌で

『水滸伝/北方謙三』
f0073770_1325553.jpg


ここ一年で
『宮城谷先生』
『司馬遼太郎先生』
ときまして
『北方謙三先生』
の作品ですね。

なかなか、
スピーディーで
パワフルで
面白いですね。


なんか、
まどろっこしいことは
一先ず置いておいて
物語を進めていこうじゃないか

物語が進めば
説明なんかなくても
分かるでしょ?

みたいな、
すごく力押しというか
挑戦的というか

読んでいて
非常にストレスの少ない文章で
面白いですね。

三者三様で楽しみ方も
いろいろって感じです。


ちなみに
この水滸伝は

僕らの学生時代で習った形でいう

殷・周・秦・漢・隋・唐・宋

の宋の時代の物語で
歴史に沿った
作り話です。
全巻読んだわけではないので分からないですが
確かたくさんの登場人物が出てきて
戦うみたいな話ですね。

ちなみに以前読んだ

『太公望』は
殷・周
の移り変わりの物語

『項羽と劉邦』は
秦・漢
の移り変わりの物語

『魏帝・曹操』は
漢の終わりのころの人物の本です。
※三国志もここの話です。


最近は、
中国の本ばっかりいる感じがします。
※ほかには『孫子』『韓非子』『荘子』『老子』だしね。

欧州系は
『デカルト』
だけですね。


まあ、そういう時期なんでしょうね(笑)

そろそろ、ビジネス系に戻そうかしら・・・
かしら・・・

かし・・・

か・・・

ぁ・・

・・



zzz

zz




[PR]
by anchangboowy822 | 2011-08-30 01:38 | 書籍

【書籍】老子・荘子

はい、どーも!!

皆さんこうんばうんわうん!!


なんていうか
ひとつのミスが自分の
ブログのねたになる

って考えると

ミスが多いほうが
面白い人生かな

なんて
思ったりしなかったり
しちゃったりな毎日ですなぃ。


でですね。
そんなミスばっかりなのも
良いじゃないのよ。

大きな目で見れば
すべての物事には大差はないですよ

とか

自然のままが一番幸せだ
無理をすれば徳は失われ
不幸になる

って感じで
いってくれるのが

この
『老子・荘子』
ですわ。

いわゆる
『道教』
ってやつらしいですね。

f0073770_0491758.jpg


老子は逆説大好きで

荘子の方はたとえ話に
空想上の人物が出てくるので
ちょっとやり過ぎ感が否めませんが

この二人の
儒者に対する反発が
なかなか面白いです。


多少なりとも
仏教の雰囲気も纏っていて

僕自身も共感するところが多かったですね。

ちなみに僕の好きなのは

『足るを知る』

って言葉です。

『無為自然』の老子

『万物斉同』の荘子

どちらも
無駄な力を抜いてくれること
請け合いです!!


自分の可能性は無限の広がりを
自分の幸せは小さくても足り
溢れるものを自分の周りに・・・・・


でも、
まあ、適当に・・・(笑)
[PR]
by anchangboowy822 | 2011-08-29 01:08 | 書籍

【書籍】項羽と劉邦(上)

はい、どーーも!!

こんばんわ。
少しずつ暑さも和らいでくれれば
助かるんですが、

なかなか暑いですね。

今回は
『項羽と劉邦(上)』/司馬遼太郎著

f0073770_2323840.jpg


秦の始皇帝の時代から
漢が出来てもうちょっと
って所までの物語です。

上巻は項羽が軍の
反乱軍(楚軍)の実権を握るところまでですね。

馬鹿の由来の話とか
韓非子とかが紹介されてます。

まだ、韓信とかは活躍してません。

こう読んでみると、
三国志の劉備っていうのは
悉く劉邦に似た人物として表現されている感じがして
面白いですね。

やっぱり
明代で
儒教に上手く使われていたのかもしれませんね。

あと、
やっぱり司馬遼太郎先生の作品の人物は
爽快ですね。

みんながみんな自己をしっかり持っていて
それを踏まえての駆け引きが行われている。

この作品の時代は
「強い者が気に入らなければ相手を斬り殺せる」
時代だから、
一つ一つの発言と
その受け取り方の機微が
面白い。

ちなみに僕は
『夏侯嬰(かこうえい)』
が好きですね。

歴史上は三国志の名武将の
『夏侯惇(かこうとん)』
の祖先に当たる人物ですわ。

曹操に対する
『夏侯惇(かこうとん)』
見たいで好きです。

ではでは・・・
[PR]
by anchangboowy822 | 2011-08-15 02:56 | 書籍

【書籍】サービスの裏方たち

はいどーーも!!

皆さんコンバンワ!!

今週は活動の片足は夏休みってことで
突然決めまして、
Blogを書いていませんでしたが
今日から復活です。

この夏休み何をしていたかというと

昼間は仕事をしてまして、
夜はレンタルしていた
大好きな海外ドラマを連日連夜見まくっていました。
あとは読書ぐらいですね。
今月10冊読むとか言っていながら
まだ、5冊しか読んでいないですね。


ってな訳で、
新しく僕の
知層に加わってくれた本の紹介でもします。

『サービスの裏方たち』

f0073770_20373440.jpg


相変わらず地味な本が好きなんですが、
この本はその中でも相当地味ですね。(笑)

基本的に、この類の本は

「ここが凄いところです」

みたいな、
今のメディアのように
余計なおせっかいが
良く出てくるんですが

そんなものはほぼ無いです。

淡々と
その人と
その人の周りの環境を
綴ってあります。

好きなところで
感動して

好きなところで
関心して

好きなところで
何かを感じれば良い

ノンフィクション作家の
冷静な分析と現実を読み取る力が
感じられる本ですね。

ちなみに、10人の職人(?)が紹介されているんですが
僕が好きなのは

『銀座の老舗 大黒屋』

の話。
銀座で生き残るため
戦前~現在まで
3度商売を替えている老舗の話です。

理由は良く分かりませんが
好きです。

多分、自分自身の土台の上で
例え目標が変わったとしても
誇りを持ってやる!!

ってところと、

この話でも紹介している
『銀座通りの一斉清掃』

に何かを感じたからだと思います。


ちなみに今の僕のブームは
『自分の中心線探し』

では、また・・・(笑
[PR]
by anchangboowy822 | 2011-08-14 21:10 | 書籍

【書籍】人間というもの/司馬遼太郎

はい、どーーも!!

とりあえず、
言ったことはやっておこう
ってことで、

昼休みにちょっと気になっていた
本を買って読んでみました

アンディーです。

『人間というもの』/司馬遼太郎著

f0073770_0639100.jpg


司馬遼太郎先生が書いたって訳ではなく
その小説からの

名言?

というか

人間論?

って感じのことがまとめてある本ですね。
読んでみた感想は

みんな元気

ってとこですね。(笑)

まともに司馬遼太郎先生の小説を
読んだことがないので良く分かりませんが

人物がみんな元気な感じがします。
(漫画家でいうと荒木飛呂彦先生みたいな感じ?)

生命力に溢れている感じがしますね。

宮城谷昌光先生の
『太公望』
の登場人物はどちらかいうと
もっと主観的な
表面的な部分をメインで書いていて
心情まで書きあらわさないから、
腹黒さというか
少し陰気を感じますが

司馬先生の登場人物はもっとOPENで
陽気なイメージを受けますね。

元気をもらうなら
司馬遼太郎先生の作品の方が良いかもしれないし、

計画の周到さとか驚きが欲しいなら
宮城谷先生の作品かな、

詰まるところ
次は司馬遼太郎先生の小説を読む

ってことで決定ですな。
[PR]
by anchangboowy822 | 2011-08-03 00:22 | 書籍

【書籍】昨年11月から読んだ本

はい、どーも

規則正しく眠いアンディーです。


昨年、11月くらいにある本が
きっかけで読み始めた本ですが

ブログ用の写真に残してあるので
50冊

それ以外で
10冊位で
まあ、
意外と少なめで
一年で60冊くらいしか
読んでないみたいですね。

昔のと重複しますが、
以前読んだ本を
ちょっとピックアップして紹介。

僕が本を読むきっかけになった本
f0073770_2185560.jpg


更に読書欲を促進してくれた本
f0073770_2201625.jpg


読む前と読んでみた印象が逆転した本
f0073770_9465744.jpg


短いけど凄い本
f0073770_9492434.jpg


色々読んでわかったことは

読んで自分に取り込もうと思ったことを
実践できていないのは勉強にはならない

座学と実行が伴って初めて勉強の形になる

あと、読書しない人のほとんどが
勉強と言う意味での、人の話を聞かない。


別に、今挙げたのが悪い訳じゃない。
が、自分の向かう目標のためには
出来ないと不味い。


最近、読書量が減ってきたので、
自分も危ういかな。
8月は大小10冊くらい読むかな。
[PR]
by anchangboowy822 | 2011-08-02 11:23 | 書籍

【書籍】10年前に読んだ本

はい、どーーも!!

ちょっと気になることって
ちょっとじゃ済まないことが
多いんですが

「ちょっとそこまで」

と言ったメイちゃんは
お昼が食べたくてしょうがないんですよ・・・


ってな感じで、
暑さに頭がやられている
フリをしてみた

アンディーでう。

です。


えーー
ちょっと気になりまして
10年前に読んだ本を検索してみましたら、
見つけました。

私の嫌いな10の言葉

・人の気持ちになって考えてみろよ
とか
・お前のためを思って言っているんだぞ
とか

虫酸が走るほど嫌いだ!!

って言っている本です。たしか・・・


なかなか極論を出してくる本で、
個人主義(利己主義ではない)を貫いている
内容だった気がします。

ちょうど二十歳になる年で


人が生きている意味なんてものは無い


って初めて本気で思っていたときに読んだ本なので
なかなか印象深いのを覚えてます、ですね。


先ほどの
『「狂い」のすすめ』
を読んで思い出したのでした。
[PR]
by anchangboowy822 | 2011-07-20 00:01 | 書籍

【書籍】「狂い」のすすめ

どうも~~

こんばんわ。
いやーー職場が寒い。

普段から
冷暖房不完備の部屋にいるので
尚更……

そんな感じで
胃腸の調子が良くない感じの

アンディーです。

只今、昨日、PCの調子が上がらなくて出来なかった
ラジオの編集中ですわ。

でね、書籍の紹介。

先日、音の神様のところで仕入れた本だんですが、
給料入ったら買おうと思っていたところ

たまたま、highlandmade氏が持っていまして
借りて読みました。

『「狂い」のすすめ』

f0073770_23134157.jpg


人生に意味なんてありません
生き甲斐なんてペテンです

ってことが書いてあります。
僕好みです(笑)

村上龍さんの云う
『ベンチャー精神』
に近いものがありますが、

どちらかというと
くだって行く感じの内容ですね。


悩みが多い方にお勧めですね。
Dカーネギーの
『人を動かす』
に近い部分もチラホラあって
もし、気に入ったらこちらも読んでみたら
面白いかもしれませんね♪


ではでは、
また、今夜~♪
[PR]
by anchangboowy822 | 2011-07-19 23:13 | 書籍